読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高専カンファ5周年パーティーの記事を読んで。

 

高専カンファのブログ達を読みあさってひたすら☆をつけて溢れ出る感動と感謝さをアピールしてる作業をしているなっちゃんです。

 

開催されたらいろんな人のブログを読むんだけど、なんか今回は特に読んでいて面白い気がする。あくまでも主観的な発言。

 

わたしは今回の5周年パーティーに参加してないから、人のブログを読んで「あーこうだったね。」とか「え、あれの裏にはそんなことが?」とか共感することはできない。じゃあなんで今回の記事達はこんなにわくわくしてどきどきしてすっげーって感じるのか考えてみた。

 

今回の記事は、みんなのカンファへの熱い思いが特に強いエントリーな気がする。今までのも熱かったけど、そうじゃなくてもっともっと熱さがある。

 

初めてカンファに参加して感じたこととか、今回参加してどうだったとか、これからの高専カンファはどうでありたいとか、大雑把に分けると内容的にはみんなそういうのを書いているんだけど、過ごした環境や時間もバラバラの人達だから、"高専カンファに参加"と言ってもみんな違うことを感じてるわけで、それをありのままに表現してるってのをとっても感じる!もうみんなのエントリーが超エキサイティング!たまんない!読んでてあんなにわくわくするのってやっぱり高専カンファ凄い。高専カンファが凄いというか、こういうことをしている高専生凄い。

 

高専生、専攻科生、大学生、社会人、高専生じゃない人、男、女、ティーンエイジャー、アラサー、田舎っ子、東京人、高専カンファに参加する人はみんな違う。いろんな人がいて、いろんなことを感じて、それを文字にしてこんな沖縄の田舎高専生にまでワクワク感を与えてくれる。そんな高専カンファはステキだなって思う。

 

わたしはパーティーに参加できなかったけど、高専カンファレンス5周年おめでとう。これからも楽しみたい。わたしも人を楽しませたい。

 

最後に 

沖縄カンファでは発表することになったらしいので、ひとりでもいいからわたしの発表を聞いて「面白かったっ!」と言ってくれるような発表をしたい。うふふ 楽しみ。

 

p.s.

今日応用数学のテストがあるのに、気持ちがあふれちゃって書いてしまった。まあたまにはこんなことをしてもいいよね♡-(╹◡<✿)♪