読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジコンの全国大会で2位になったお話.

どもども,なっちゃんです〜.
本記事は【ICTAdventCalender 23日目】はじめてのビジコンに出たお話. の続きにあたる,ビジコンの全国大会についてきちんとまとめておきます.


1/19 - やばいやばい,発表時間伸びたってよ

うちな〜ICTビジネスプランコンテストは発表時間が7分だったのに,全国大会はほぼ1.5倍の10分.
あのプレゼンは巻き巻きのプレゼンだったので1分はゆっくり話して伸ばすとしても,残り2分どうするの!?というわけで,えな・ゆずゆ・m教授・わたしの4人でディスカッション.
主に以下の

  • 導入部分の問題点
  • 使い続けさせるポイント

2つのことをプレゼンに盛り込むことに決めた.
内容の決定後,"ちーむ!じょしりょく"らしさを出すために,女子力高そうな言葉をチョイスしたり,プレゼンでも気をつけた.

卒研に飽きたときにスライド作成を行い,ゆずゆに修正をお願いしなんとか完成.
これが大会3日前w

翌日(大会2日前)は卒研しながらプレゼン練習.
10分にきれいに収まらず,うーんってなりながらも東京準備.
荷物多いしコートあるし非常にめんどくさい準備だった...


1/21 - 東京激寒で帰りたくなる

プレゼンうまくいかない不安のまま東京へ.
秋・冬に内地に行くとき毎回起きる"空港着いた瞬間に沖縄帰りたくなる病気"が,今回も勃発\(^o^)/
ほんと東京寒すぎ。゚(´っωc`)゚.

けど,今回は珍しく男子がいない女子会状態(m教授はいるけど)
しかも二人はこのビジコンのために卒研を終わらせてくれている(わたしは終わっていなかったw)
そりゃ東京観光するしかないでしょ,ということで東京の街を歩き回った

コート+厚手のタイツ+マフラー+ニット帽+マスクで,上を見ないと視界が悪すぎて何も見えない職質待ったなし格好で行動しました

f:id:marin72_com:20150428194004p:plain

お昼に浜松町で食べたラーメンが激旨ウマだった.また食べたい…

あんな格好でオサレな街も原宿行きました( ・ㅂ・)و ̑̑
寒くて暖を取るために入ったコーヒーがおいしかったです
m教授ごちそうさまでした〜(ㆁᴗㆁ✿)

夕飯は,11月から東京系社会人男子になったくまさんと,我が姉様と6人でご飯を食べて,ホテルに帰宅.ホテルは3人で同じ部屋でなんだかそれもテンションが上がったw

まあこのあとプレゼン練習するんですけどね.


1/22 - なんだか凄い大会に来てしまったようだ

ホテルの朝食バイキングが美味しすぎてびっくり.
朝から食べ過ぎつつ,幸せを噛みしめる.この時は午後の辛さなんて知らず楽しかった…

部屋に戻って,今度はゆずゆとえなの前でプレゼン練習.
1回だけ10分ちょうどを叩き出し,テンションが上がる.そしてこの時が一番調子良かった…

プレゼン練習も一段落し,会場(同ホテル内)に向かった.
わたしはこんな綺麗なところでプレゼンするの…まじぃ…という気持ちになる

f:id:marin72_com:20150428194028p:plain

全国「ビジネルモデル発見&発表会」は,ビジネス部門とキャンパス部門があり,わたしが参加したキャンパス部門は大学生・大学院生・高専生が参加できる.
高専も3チームあって親近感があったけど,どのチームも女子だけのチームはなくキリっとしたできそうな人が多くて正直どうしよーって感じだった.
文系の大学生の方も居て,プロコンとは全然雰囲気が異なり,わくわくもちょっとあるけど,ほとんど緊張で爆発しそうでした.

そんなこんなで開会式も終わり,大会はスタート.
あープレゼン10分に収まるかなーどうかなーなんて見ていたら,1チームとんでもないチームがいた.
なんか沖縄のビジコンのデジャブ…というより,さらにとんでもないチームだった.
ビジネス内容もしっかりしているし,もうすでに事業展開してるし,今後2,3年の予定が明確化されているし, 「僕たちは結婚します.」だなんてプレゼンの最後にぶっこんできた,大学院博士後期(最近卒業したらしい)の留学生お兄さんに圧倒されましたw

それだけでも精神的にぼろぼろなのに,他のチームを見てたら審査員に質問されないチームもあって呆然.
プレゼンして質問されなかったらもう立ち直れないわと思った.
もう自分らしいプレゼンができる自信なんてなく,やる前から意気消沈.

だいぶ自信喪失気味だったけど,姉やゆずゆのお兄さんも応援しに来てくれたし,何よりm教授・えな・ゆずゆにすごく励まされてなんとか立ち直った
この応援がないと,プレゼンの舞台から逃げてたかもしれない.
最後の最後までイメージを叩き込んで,いざプレゼン!


1/22② - プレゼン超キモチイイ

プレゼンはやっぱり気持ちよかった.
沖縄大会でも思ったけど,プレゼン超楽しい.

本当は「旅費は2人まで」と言われたけど沖縄総合事務局の方があと1人分の旅費を用意してくれたし,沖縄のビジコンで参加したチームの分まで良い結果残したいし,姉やゆずゆの兄も応援しに来てくれたし,そばにいるえなとゆずゆも卒研を終わらせて手伝ってくれたし,客席の方でビデオカメラ回しながらデジカメで写真を撮ってくれたm教授は5年間ずっと応援してくれたし,自信をもってプレゼンをした.

舞台は後ろの方までよく見えて,前列の審査員から後ろの来場者までみんながわたしのプレゼンを聞いていた.
会場にいる人どれくらいいたのかな.
少なくとも100人以上の人がいたんだけど,会場の人の10分間をわたしがもらって自由にショーができると思うとテンションが上ったし,「時間を無駄にした」なんて思わせたくないから,わたしができる最大限のプレゼンを提供したいって思った.

ちょっと巻いてしまって伝えそびれたところもあるし,練習通り10分ちょうどにはできなかったけど,この日も楽しくプレゼンができた.

あー,プレゼンしに来てよかったって心から思った.

超気持ちよかった.


1/22③ - やっぱりこの大会凄い.

沖縄高専は最後から2番目のプレゼンで,最後のチームがプレゼンをして大会は終了.
約1時間の審査があった.
1時間,すげー緊張してたし,せっかく沖縄から来たんだから賞取って帰りたいし,懇親会おいしいの食べたいなあとかそんなことを考えてた気がする.

表彰式が始まった.
キャンパス部門の1位は総務大臣
プロコンやPCKでは文部科学大臣がもらえるけど,総務大臣賞もすげーなーと思っていたら,まさかの高市 早苗総務大臣が賞状を渡すという豪華っぷり...(╹⌓╹ )

しかも普通下の順位から発表していくけど,1位から発表していく(まあ1位と2位しか無いんだけど)
きっと大臣が多用のため時間が取れないんだろうなあとか思っていたら,すぐに総務大臣賞の発表.

結果はわたしが圧倒された北陸先端大大学院の留学生の方が受賞された.
やっぱりなーそうだよねーって気持ちと,悔しいなあーって気持ちがあふれた.

取り組んだ量が違う.
アイディアもしっかりしていて,ビジネス的にもしっかりしていた.

けど,高専最後に受賞をしたい!」という気持ちで,2位のICTビジネス研究会キャンパス賞の発表を待った.
たぶん後ろの席にいたゆずゆ・えなも同じ気持だったし,隣りにいたm教授も強く願ってくれた.

「ICTビジネス研究会キャンパス賞ちーむ!じょしりょくです」

ホッとした.
と,同時に笑いが出てきたw
ほんとゆずゆはひどいチーム名をつけたと思うw

けど,みんなの期待に応えられたし,わたしのプレゼンが伝わって,ちゃんと結果が返ってきたんだってじわーっと感じた.

さっきまで自信を持ってプレゼンをしたはずの舞台なのに,賞状を受け取る前も,受け取った後もずっと手足は震えっぱなしだし,嬉しくて泣きそうだった
写真を見てわかったことだけど,隣りにいるえな・ゆずゆも緊張してたみたいで,3人とも顔が強張っていて,ほんと何がちーむ!じょしりょくだよって感じだった

最高のチームだと思った.
受賞できてよかった.
とても嬉しかった.

1/22④ - え,本当に明日伺うんですか?

ふあーっと感動していたら,いつの間にか表彰式終わり.
参加者の記念撮影が終わり,教授や姉が会場外の看板で写真を撮っていたら,審査員の方に話しかけられた.
特に沖縄大会のときから審査をされている2人の方には,たくさんコメントを頂いた

「1位の北陸先端大のチームと本当に僅差で,キャンパス部門は2チームがぶっちぎってたよ」
「プレゼンという項目があったらもっと点数が高かったかもね.」
「アイディアも良いし,ビジネスにしたら面白いよ」

という言葉を頂いて純粋に嬉しかったし,悔しい気持ちもこみ上げてきた.
けど,ここで1位を取れなかったのは圧倒的に取り組んだ量が少ないし,質疑応答もボロボロだったからだし,アイディアももっともっと練る必要があったし,劣っている点はたくさん挙げれる.
次はもっと全力でやろうと思った.
だから,大学では絶対に1位を取ろうと思う.


そして,大会の事務局の方に話しかけられて,総務副大臣が会いたがっているからちょっと待っててほしいと言われた.
さっき総務大臣居たのに,今度は総務副大臣も居るんですか? え,この大会何? って感じだった.

1位の方じゃなくて,2位なのになんで総務副大臣に会えるんだろうと思ったら,とんでもない運を発揮していた.
今回お会いしたのは,西銘 恒三郎副大臣
西銘副大臣は沖縄出身で,審査員の方が「今回沖縄のチームが頑張っている」ということを伝えてくれて,会えることになった.

今までお会いした今後一生会えなさそう人ランキングをぶっちぎって更新をした気がした.

f:id:marin72_com:20150428200148p:plain

西銘副大臣は見た目はピシっと決めててお堅そうだけど,性格はうちなーんちゅって感じの優しいおじさまでした.
「ちゃんと実力で取ったの?本当に?」なんて冗談も交わされながら,「審査員が本当に褒めてたからね.おめでとう」と伝えられて,あー凄い最高だなんて思っていた.
そしたら,西銘副大臣

「今度コーヒー飲みにおいでよ.副大臣室に」

とおっしゃってくださり,わたしは「機会があればぜひぜひ〜」と返したら,「本気で言ってるよ?」と3回ぐらい言われたw
秘書さんに飛行機の時間を伝えたあと,西銘副大臣が秘書の方にスケジュールを確認してもらって,秘書さんが手帳とにらめっこして頭を悩ました結果,翌日の9:30に総務省副大臣室に訪問することになった.w
お会いできただけで嬉しいのに,副大臣室に訪問とか,えぇ まじぃ… という気持ちだったw

そんなこんなで,副大臣室の訪問も決定し,いつの間にか基調講演が終わったので懇親会へ〜


1/22⑤ - あーモテ期使ったなあ

いつの間にか懇親会が始まる間際だったので,後ろのほうでウーロン茶をとりみんなで乾杯!
その後は3人で真ん中のテーブルにゴーゴー!
本当に美味しいご飯ばっかりでしたw

空いているテーブルでお寿司を頬張っていたら,人が来る来るw
参加した企業の方や,一般の方,大学生の方とかとか,ご飯食べる時間ないよ>< と思うぐらい話しかけられましたw

アイディアやビジネスモデル,プレゼンの雰囲気などいろいろとコメントを頂きました
今回の内容はわたしじゃ思いつかないぐらいの女子力発揮したアイディアだし,プレゼン資料も女子っぽくするところや見やすさについてたくさんアドバイスもらったし,プレゼン練習に何度も付き合ってくれたし,わたし一人ではこの賞もらうどころか,沖縄大会で終わってたな―って思いながら,賞賛を頂きました
懇親会でお話した方々,本当にありがとうございました

あとは会社の話とか,大学の話とか,そういった普段沖縄高専にいたらできない話もたくさん聞けたので良かったです〜
IT系の大会に出ると,過去に参加した大会や勉強会でお会いした人にも会えるもので,今回はMS勉強会とPCKのモバイル部門に参加した人に会えて,今は何してるんだ〜とか今後何をするんだ〜とかそういった話が聞けて良かったです(゚▽゚*)

あとは会場にいた人は8:2ぐらいの男女比なので,あーこんなに男性に話しかけられるの初めてだなー あーモテる人ってこんな感じなのかーって思いましたw
きっとあと2回のモテ期も絶対こんな感じで消化していくんだろうなあと思いました(ˇωˇ )

f:id:marin72_com:20150428194159p:plain


1/23 - 初めての霞ヶ関

翌日,9:30に総務省に伺うことになったので,8:40ごろには霞ヶ関についてぶらぶらした.
一番趣きのある建物は文部省ですね.

f:id:marin72_com:20150428194410p:plain

そのあと,生の国会議事堂を見に行きました.

f:id:marin72_com:20150428194436p:plain

「あれ,国会議事堂だよ」
『え,どれどれ』
「だからあれってばー」

f:id:marin72_com:20150428194458p:plain

『あー,あの三角のやつか』
「そうそうその三角」

って感じでわーきゃーして,

f:id:marin72_com:20150428194611p:plain

首相官邸を見てわーきゃーして,時間になったので総務省副大臣室に向かいました.

ベトナムコーヒーを頂きながら,沖縄の話をしたり,学校の話をしたり,ビジコンの話をしました.
副大臣本当に忙しい方で,毎週末は沖縄に帰ってるらしく,そんな生活をして身体こわさないのかなあと思いました...
副大臣(というか議員さん)本当に大変そう(´・ω・`)

10分ぐらい話した後,記念撮影をしようということで,副大臣室に座らせてもらって写真を撮りましたΣ((。・ω・。 )))
もう絶対あの椅子座れないw
昨日お会いしたばかりなのに,こんなに良くしてもらって本当にいい経験をさせてもらえて嬉しかったです.
西銘副大臣,ありがとうございました!


そのあとは,秋葉原行って,m教授に丸五のとんかつごちそうになりました!!!!
ごちそうさまでした>< ありがとうございます!!

羽田に行って,飛んで,沖縄着いてそのまま名護へ〜
ほんと休む暇ないけど,そのあとは家に帰ってから卒研発表のプレゼン作りましたとさ

感想とか

ビジコンってよくわかんないけど難しそう と勝手に思っていて,わりと避けていたところがあります.
儲けるにはとか人々の需要とかビジネスモデルとか,今までには考えたことのないことをたくさん考えました.
結果的に,アイディア出しも,プレゼン資料も,発表スタイルもだいぶ変えました

今まで老害組の技術面にしかり,アイディア出しのまとめ役にしかり,たくさん頼っていたところが多かったので,わたしがビジコンのリーダーになって,メンバーは女子で,留学生も一緒にということで,本当に本当に挑戦ばかりでした.
その中で,チームの役割分担をきちんと行えたことや,手が回らない時に助けてもらったり,プレゼンの練習に付き合ってもらったり,みんなで協力してできました.

前の記事でも書いたと思うけど,このアイディアは2人がいないと出なかったもので,絶対ICTだと思いつかないビジネスプランでした.
アイディアをm教授に話した時,反対されると思いました.
5年もm教授のそばにいると,自分の中でこれは反対されるんだろうな〜みたいな感じでどこかでブロックしていたのかもしれないです.
今回のビジコンはm教授の中でも挑戦してくれて,最大限のサポートをしていただけたおかげで表彰台に登れました.
本当に表彰台に登れてよかったです.
ありがとうございました!!

あとは,今回の副大臣と対面できたことは,本当に本当に嬉しい事でした.
思わぬところにチャンスはあるんだと思ったので,これからもどんどん挑戦していきます!!!

いろいろ書いたけども,やっぱり総務大臣賞取れなかったのは悔しかったです.
表彰台に登る夢は果たせたので,今度は日本1位が取ることを目標にがんばります!

f:id:marin72_com:20150428200412p:plain 丸五でとんかつを待つわたし