響け!ユーフォニアムを見て昔を思い出す③

小学校の3年間(4~6年生)の吹奏楽コンクールの結果は、全部銀賞だった。 もちろん金賞を目指していたんだけど、簡単にはうまくいかなかった(小学校の時の吹コンの話はおしまい)

そういえば、4年生のときはパーカッションだったけど、5年生からはトランペットになった。 トランペットは華やかだな~と思ってたけど、実際華やかだったと思う。

吹コンが終わってしまうと、次は運動会。 リレーではいつも迷惑をかけて困っていたような人なので、今までの運動会の楽しみはお弁当だったのけど「みんなの前で演奏をする」のは、特別な感じがして楽しかった。 行進曲は、3曲ぐらいをローテしながら吹いた。 アップルパイマーチを演奏していたのは覚えているんだけど、あとは思い出せない。 他にも、校歌吹いたり、授与式で威風堂々を吹いた気がする。

やっぱりマーチなので、トランペットは花形だし、パーカッションもかっこいいので、運動会のときはカッコいい楽器ばかり演奏できた(中学のときはマーチがそこまで好きじゃなくなるんだけど、その話はまた)

運動会でラッキーだったのは、入場したあとは、校長先生の挨拶だの、来賓の方の挨拶だの、選手宣誓だの、いろんなことが開会式で行われる。 うちの校長先生は保護者もビックリするぐらい話が長かったので、炎天下の中(沖縄だと10月も夏日)居続けるのは本当にしんどい。 けど、吹奏楽部は日の当たらない場所で、しかもパイプ椅子に座れたので、なんだか特権だなあという気持ちになった

ちなみに中学校のときは、運動会が3年に1回しかなく、1年生のときに運動会にあたった。 運動会って高学年のほうが目立つ種目が多いせいか、思い出がない。 小学校の時の感動は一体どこに行ったのか。 唯一覚えているのは、走るのが遅すぎたので休み時間にベランダで走る練習をしただけ(させられた?のほうが正しいかも。けど、リレーには活かしきれなかったと思う)。 今考えると、膝下セーラー服でベランダを走っていたとは本当に変なことしていたなあ。


ランチョンマットを敷くだけで、ただのリゾットがほんの少しだけオシャレになった気がしたので、ランチョンマットおすすめです