読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活終わりました。

1月から始めた就活でしたが、来年4月から入社する予定の会社に内定承諾書を提出しました。

f:id:marin72_com:20160620181431p:plain


就活を始めた時は3月までにチャチャっと終わろうと思っていましたが、4月から受ける会社があったりと自分が思った以上にしっかりと就活をしました。
最終的には7社受けていました。


受ける会社選び

たくさんある会社の中から7社を受けた理由は、ざっくり言うと、人、会社の雰囲気、サービス内容、エンジニアの働きやすさなどを重視した
「うちの会社のどこが好きなの?」とか聞かれたら素直に、

  • 自分もこの人達と働いてみたいと思った
  • その会社の中に尊敬する人がいた
  • その会社に元から強い興味があった
    • インターンに参加したことがある
    • 勉強会の開催やエンジニアブログをしていて、外向けの活動が多い
  • 社員さんが楽しそうに働いてた
  • BtoCに興味があったけど、BtoBの会社の人とも話してみたかった
  • 就活の面接としてでも、気になる会社の中の人と話せる機会があるので、お話したかった

という感じで、答えてた


就活のつらかったこと

忙しくてつらい

高専カンファlol でも話したけど(*1)7社受けると日程的に忙しくてつらいものがあった

f:id:marin72_com:20160621021104p:plain

f:id:marin72_com:20160622200613p:plain

ここに詳しく書いてます: https://speakerdeck.com/pndcat/kosenconflol

まわりが就活を終わっていく

わたしがちゃんとした就活を始めたのは1月だったので、その時期になると終わる人が現れてきた
はじめは4社並列で受けてて、授業出てバイトも行って期末テストもあったり…となると進むペースがやっぱり遅くなった
いやー、わたしが悪いんだけどね。。。

「来年路頭に迷いたくないよ〜」
「院進するなら受験勉強もしないとー」
と、はじめての内定を頂くまでは不安で不安で仕方がなかったので結構ストレスだった

自信がなかった

上につながっているんだけど、そもそもに、正直、受かる自信がなかった。
高専4年の時も、大学3年の時も、結構インターンシップで落ちまくったので、自信がまったくなかった。

たくさんある企業の中から7社受けたわたしは、「わたしはこの会社が自分に合ってると思って、ぜひ働いてみたいんだ!」という気持ちだけど、対して企業がどう思うかはわからない
就活で「この学生はウチの会社に合わないのに、間違えて会社が内定を出してしまうことは不幸なことだ」は良くないことと聞いていたので、少しでも見栄を張ることはやめようと思った

全く見栄をはらなかったので、なんか本当に自分はちっぽけな人だなって感じてつらかった
面接の場にいることすら申し訳ないと思うことも多かった

じゃあ、どんなモチベで受けたのか

けど、これは転職でもないんだし、人生で一度しかない新卒向け就活なので、学生という身分に甘えて受けたい企業は全部受けた
もっと言うと就活は受けてもタダだし、私がその会社に合わないと思ったらその時点で落とされるし、やらずに後悔よりやって後悔、みたいな感じで震えながらエントリーしてました


就活のよかったこと

就活始める前の自分は、7社って多くない??と思っていた
けど、やっぱり受けてよかったと思っている

自分のやりたいことや将来こんな人になりたいという話をエンジニアや社長に聞いてもらってアドバイスをもらうことができたことは、本当に本当にありがたいことだった
しかも自分が興味ある会社の人たちである

普通に生活を送ってたら、いろんな会社のいろんな立場の人からアドバイスを頂けるってそうはない
はじめのうちは「面接怖い!就活もうやだ(泣)」と思っていたけど、
面接が終わるたびに「うおーーーーなんて有意義な時間だったんだろう。めっちゃありがたい、この会社に入社してえ」と思いました

あとは、面接のたびに「自分が本当にしたいことってなんだっけ」と毎回考えていたので、より自分がやりたいことが鮮明になってきた
21年間生きてて、初めてこんなに自分のことを見つめ直した
また、その考えをアウトプットしなければならないので、自分の考えを伝える力が少しはパワーアップした気がする

就活大変だったけど、インターン・エンジニア課題や面接を通して、自分の内からも外からも見つめることができ、得られるものはたくさんあった
就活やってよかった


内定を頂いてからの話

内定を頂いたあとにも、その会社をもっと知るためにたくさんお世話になった
どの会社も本当に良くしてくれて、わたしの「御社のここ見たいのですが…」というリクエストに応えてくれた

それは部長との面談や、社員さんとランチに行ってみたりもあるし、部会に参加させて頂いたり,内定者交流会に参加したり,社内イベントに参加したこともある
実際に自分が働くとこんな感じなんだろうなというイメージがより鮮明にできたし、面接のときには思わなかった質問とかも社員さんにガンガン聞くことができた

あとは、新卒2,3年目のエンジニアさんともお話をすることができたので、その人達のお仕事を聞いたりすることができたのもよかった
本当に、内定を頂いてからもたくさんの人とお話することができて感謝極まりないです


そして就活が終わって

いろんな方に相談しました
高専カンファの先輩方、高専プロコンで知り合った人、高専の時の恩師、担当教員・・・本当にいろんな人から意見を頂いた

頂いた意見や会社の人と話したこと、そして、自分のやりたいこと・どんなエンジニアになりたいのかをもう一度考えて、1社を選びました

この選択が正しい選択なのかはわからないのですが、私の尊敬する大好きなエンジニアさんに言われたことは

正しい選択なんて誰もわからない
正しい選択ができたかどうかわからないけど、正しい選択にするんだよ
自分の力でその会社を選んだことが、正しい選択だったと言えるようになりなさい

と激励の言葉を頂いたので、おもいっきり頑張ろうと思います

結婚がゴールじゃなくて〜といいますが、就活も同様に、就活が終わったからゴールではなく、これからエンジニアとしてスタートします!!!!
めちゃカッコいいエンジニアになれるように奮闘します

来年からも東京にいるので、よろしくお願いします。


就活終わりました報告で、ほしい物リストを公開するのが夢だったのでします!
高井さんの記事を参考に 本たくさんいれました
「お前エンジニア頑張れ」という声お待ちしております

www.amazon.co.jp