読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのウェディングのアルバイト退職しました。

3月23日、人生で初めて退職願を書きました。

f:id:marin72_com:20160412005009p:plain


株式会社みんなのウェディングとは

株式会社みんなのウェディング(以下、mwed)ってクックパッド?みたいな感じで聞かれます。

mwed は2008年2月に、ディー・エヌ・エーの新規サービスの1つとして、結婚式場・結婚準備の口コミサイト「みんなのウェディング」を提供開始したところがスタートです
その後、会社設立をし、ふたりのウェディングなど他のサービスを立ち上げていき、2015年4月クックパッド株式会社と資本業務提携基本合意書を締結しました(詳しくはこことか見てね
mwed のCEOやCTOをはじめ、クックパッド色が強いのはそのへんが背景です。

mwed らしさを残しつつ、クックパッドのいいところ(開発スタイルやユーザファストな想いとか)を取り入れているみたいな印象でした。
会社的にどの程度クックパッドと繋がっているのかということはわからないのですが *1 例えばクックパッドとSlack や esa を共有しているわけではないです


mwedとの出会い

2015年夏、たくさんの会社でインターンしたいなーと思っていた時に mwed のインターン募集を見つけました

www.wantedly.com

注目すべきは、ドレスのお土産付 という謎のタイトル
さらに、本文では

インターネットやサービス開発に興味のある方でしたら、
プログラミング未経験の方でも応募いただけます!女性も大歓迎です

と書いていて、2015年7月段階はそんなにウェブ開発経験がなかったのですが、思い切って応募しました

そのままWantedly 越しで連絡が来て、基本情報とちょろっとした質問に答えて、インターン実施が決まりました


5日間のインターン

すごくすごく濃い5日間でした

1日目は人生で初めて相談デスク体験や、結婚式場見学をしました
ウェディングのこと全く知らない状態だったので、ただただ感動の嵐
最先端な技術を駆使した面白いモノや、会場が華やかになるような工夫だったり、たくさんの人が頭も時間も使って、結婚式という1日を最高のものにするんだって思うと、なんというか圧倒されたというか感動したというか…
こういう世界があるんだなあと思いました

1日目もなんか変わったインターンだなと思ったけど、あとの4日間も mwed らしいインターンでした

ウェブアプリをバリバリ作るぜ💪💪💪 というよりは、

ペルソナをしっかり考えてみよう
ユーザが欲しいものってなんだろう
ユーザに価値を届けよう

と、ユーザについてしっかり考えるようなプログラムでした。
ユーザについて考えるために、実際に mwed の開発でも取り入れてることをインターンのみんなで行い、とても盛り上がり楽しかったです

もちろんエンジニアのインターンなので、自分で考えたアイディアの中からひとつ選び、プログラムを書いて発表しました
プログラムを書く時間は短かったのですが、メンターさんがそばにいてくれたのですぐに聞けたし、CTOもそばにいてくれたので開発で困ったこともありませんでした

mwed のインターンで嬉しかったのは、しっかりフィードバックがもらえたことです
5日間という短い期間だったのですが、毎日の日報のコメントからはじまり、3日目の中間発表や最終発表、またアイディアソンではたくさんの社員さんからの意見とかもいただけたので、とてもとても参考になりました
こんなにしっかりフィードバックがもらえるインターンすごいなあと思いました

これはバイトをやったからわかるんですけど、あのとき関わってくれた社員さんたちが mwed の第一線で働いてる人たちや、部長クラスタだったので、そんな方に面倒見てもらったのか・・・すげえ・・・という感想です。
本当に豪華なインターンだったなあと今考えても思いますw
来年もインターンあると思うので(交通費出るよ!)全国の高専生にオススメです。

ちなみに、わたしはウェディングドレスを持ち帰らなかったのですが、他のインターン生5人中3人は持ち帰ってました(全員男子)

f:id:marin72_com:20160411222707j:plain

相談デスク体験(新郎新郎みたいなペアがあったけどみんな楽しんでた)


バイト始めました

mwed のインターンがとても楽しかったので、ぜひバイトしたいです〜とお願いしてバイトをしました
2015年10月〜2016年3月、週に2回(月の午後、水は1日)でバイトに入りました *2

初めてPR を出したとき、私も開発したんだ!とワクワクしたし
PRが通ってマージされたとき、いよいよだと緊張したし
実際にユーザに使ってもらったとき、落ちないか不安だったし
チームの人とMTGしてサービスについて考えてるとき、とっても楽しかったし

あー、本当に充実した半年だったなあと思います


やってたこと

わたしが関わっていたプロジェクトは、みんなのウェディングニュースです。

www.mwed.jp

はじめはadminページを作っていき、その後ユーザに使ってもらう側を作っていくという感じでした
「既存のプロジェクトもいいんだけど、新しいプロジェクトが楽しくない?」という部長の心遣いもあり、プロジェクトのはじめの方からガッツリと関わることができました
エンジニアチームだけではなく、これを運用していくディレクターの方たちと一緒に作っていく感じが本当に本当に楽しかったです!!(楽しかったしか言ってない気がするw)

どこまで書いていいのかわからないのでここでやめますが、たくさん頭使ったし、手も動かしたし、発言もしたし、アドバイスも貰ったし、本当に学びが多かったです!!!


社員さんの印象

インターンの時も感じてたのですが、社員さんはすごく若い人(インターン生だったりアルバイトだったり)に興味がありますw
めっちゃ見られているぞみたいな感じはあったのですが、ここ1,2年の新卒の方のお話を聞くと「新卒はみんなで育てた」みたいな感じらしく、若い人に対してたくさん面倒を見てくれる人が多いです

困ったときにすぐ聞けるエンジニアさんもいたし、ちょっとのことでも意見を聞いてくれるディレクターさんもいたし、たくさんお話してくれたデザイナーさんもいたし、何もなくても遊びに来るすごい人事さんもいたし、なんか本当に出社するたびに楽しいことばっかりだったな〜って思いますw

社員ではないのですが、同じアルバイトの子とも仲良くできたので、人間関係が辛い〜とか思うことは一度もなかったです
大変恵まれている環境でした◎


ご飯が美味しい

言わずもがな、東銀座はご飯が美味しいです
毎週水曜日のランチは楽しみでした



辞めてからどうするのか

もともと大学院進学をする予定だったのですが、自分がやりたいことや今後の将来を考えた結果、電通大の学部を出てすぐに働くことにしました
この決断をすることができたのも、mwed でバイトをしたことが大きく影響しています

大学の先生に「大学院に行きません」と伝えると、卒研配属でウーンという顔をされるのですが、今お世話になっている担当教員にはしっかりと理解をしていただくことができました。
1年という短い時間なのですが、先生の元でしっかりと研究をするために、フルコミットで臨むためバイトを辞める運びになりました。

2015年はバイトを始め、カンファ、インターン、ハッカソンといろんなことに挑戦していたのですが、今年は研究に全力を注ぎます。
正直、研究は苦手なのはわかるのですが、頑張ります。


みんなのウェディングのみなさま、本当にお世話になりました。
ありがとうございました* °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖

*1:わたしがわからないのは、バイトする上で特に困ることがなく知ろうとすらしていなかったので、本当はわかるのかもしれない

*2:テスト期間や就活では調整をしてもらい、無理なく入りました