読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

age++;

気持ち 決意

とうとう22歳になりました
学生最後の年です.

イキイキとした22歳


21歳の概要

今までできなかったことにたくさん挑戦した

ちょうど去年の誕生日頃から動き始めた高専カンファとか,インターンシップとか,バイトとか本当にいろんなことにチャレンジした
とりあえずやりたいことやりまくったという一年だった

21歳になったとき思っていたのは「20歳は頑張れなかった」という後悔が大きかった
22歳になったとき,また「21歳はダメでした」だなんて言いたくなかった
理想っていうと難しいけど,少なくともちゃんと人に話せるような21歳をしたかった


一番頑張ったこと

21歳のわたしは「自分の行動が人に影響を与えたい」というのを一番意識していた
自分のアクションの結果,喜んでくれたり,楽しんでくれたり,参考にしてくれたりとか,良い影響を与えたかった

じゃあ何を頑張ったのかって聞かれたら,一番は高専カンファだとおもう
実行委員の仲間にも恵まれて,楽しく準備・開催ができた
200人も参加者がいたし,新しい企画に挑戦したし,もちろん参加者全員が全部を面白いと思うのは難しいけど,全体的には成功したと思う
結果的に,カンファやりたいと思う子がいてくれたし,ブログでもたくさん嬉しいことが書いてあった
わたしひとりじゃどうしようもないんだけど,人が集まると可能性が広がるんだなーって何度も感じた
実行委員,発表者,参加者,協力してくれた方のおかげでいろんなところに良い波が生まれた
高専カンファやろうぜって言ってよかったなって思う


好きなことがより好きになった

わたしはプレゼンが好き
作ってるときに,何を言おうか整理したり,ここ強調したいからこんなふうに伝えてみようかなって考えるのが好きだし,やっぱり人の前で発表することが好き
会場にいる人がわたしの話を聴いてくれるって本当にありがたいことで「つまらなかったよ」なんて思ってほしくないからすごく頑張る
あんなにアドレナリンが出る体験ってそうそうないよなって思う

この1年は,もちろん授業で積極的にプレゼン役をもらったし,kosen10s や DentooLT で LT をしたり,若手の会みたいなプロが多いようなちょっと敷居の高いところでも発表したり,いろんなところで発表した
この1年はたくさんプレゼンしたなーって思ってざっと数えてみたら,1年間で30本ぐらいプレゼンしてた

プレゼンをやると,人からアドバイスを貰えたり,褒めてもらえることもあって,もっともっと頑張りたいなと思った
好きだからプレゼンやってたら,そしたらもっと好きになっていて,去年の秋ぐらいから「プレゼンが趣味です」って言えるようになった
わたしよりプレゼンが上手な人はたくさんいるけど,そうじゃなくて自分が好きだから好きって言えることができてよかったって思う


少しずつ自分について考え始めた

今まで何がやりたいのかわからないとずっと思っていた
高専の時は,人に誘われたり,人がやっていて楽しそうだからやってみる,というのが多かった

けど,インターンバイトをしてから,自分ってサービスを考えたり作るのが好きなんだなあと実感した
元々大学院に進学する予定だったけど,悩んだり相談した結果,就活をした
就活も,がむしゃらに受けるなんてことはせず,自分のやりたいことやこんな会社で働いてみたい!というのをしっかり考えてから,行きたい企業だけ受けることができた

少しずつだけど,自分のことを見つめられるようになった
これもすごく大きい変化だと思う


技術や勉強の話

最近は,Webに関する技術を少しずつだけど学んでいる
これはやっぱりバイトやインターンが大きいと思う
ちょっと自信がついたので,ハッカソンに挑戦してみたりもした
来年は社会に出ちゃうし,22歳はもっともっと勉強する

高専の時はそこそこ手を抜きながらという感じだったけど,大学に来てからは真面目になったと思う
高専から大学に編入するときは,授業についていけるか心配だった
高専の時に比べて学ぶ領域が広がったので,わからないことは多いけど,調べたり,人に習いながらなんとかかんとかやっていけてる
GPAは惜しくも3.0超えることができなかったけど,今年の成績が良ければ3.0に乗るので,あと少し頑張る

あと,研究室の方針で「論理的に物事を考える」力をつけるために,集合について学んでいる
研究と集合が直結しているわけではないけど,これは勉強してよかったなと思う
本に書いてあることの証明を考えるし,そもそもに言ってることが難しいので,本当に頭をつかう
去年のわたしは集合なんて聞いたら逃げていたと思うけど,意外になんとかなっている
これからも,苦手なことでも勉強するようにしたい


頑張れなかったこと

去年の目標の中で,達成できなかったもの

  1. 英語を勉強して,TOEICで650点取る
  2. 苦手な科目もちゃんと勉強して,GPAで平均3.0以上取る
  3. 競技プログラミング頑張って,来年ICPCアジア地区予選行く
  4. 卒研で太った体重落としたい

やりたいことが変わっているとはいえ,意外に達成できなかったんだなーって思った

英語も高専の時に比べたら点数は上がったけど,それでも560点でストップしてしまった
英語のモチベが出ないの良くないけど,未だに出ていない
卒研始まって,英語の論文読むのが本当に辛かった

GPA3.0 のせたいので,今年も頑張る

あとは,競技プログラミングへの興味が薄くなっちゃった
悪いことではないけど,競技プログラミングやらないんだったらちゃんと別のこと頑張らないとですね

もはや笑い話なんだけど,最近母に言われたのが
「おねえちゃんが『なっちゃん,ダイエットの進捗どうなのかな』って心配してたよ」
と言われてしまった
体重に関しては悪くもなっていないし,良くもなっていないという状態
どうせ卒研の追い込み時期とか食べちゃうんだろうなーとか思ったし,今年はこれ以上太らないように心がけておく


今年の目標

  1. 先生が求めてる以上の研究をする.卒業後,後悔しないぐらい取り組む
  2. 英語の文法はなんとなくわかるが多いので,英語のやり直しをする
  3. GPA3.0 計画!
  4. 時間を作って人と会う,遊ぶ.集中してオンオフつける

 + 就職する前の準備

卒研

先生に恵まれていてしっかりとコミュニケーションが取れているので,失敗した時や,わからないときにも軌道修正が早かったりするし,何より楽しくやっている
本当にいいこと
あと9ヶ月も,楽しみながら頑張っていく

英語

英語,今まで逃げまくっていたけど,さすがに良くないと思う…
具体的には,研究の時間の一部を英語に割くようにする
学校に行って研究をするように,学校に行って英語の勉強も取り組むようにしたらいいのではって思った
家に帰るとやる気が無いのはよくわかったので,勉強は学校で済ませるように心がけたい

GPA3.0

今年取るのは,現代数学入門A,輪講,卒研の3つの科目
この中から秀を1つ,優を2つだとGPA3.0 にのる
大学院行くわけでもないし,就職にもGPAは関係ないけど,最後の学生生活だし去年立てた目標を遂行したい

遊ぶ,オンオフ

就活の相談をするときにいろんな人とご飯を食べに行って,いろんな話を聴くことができた
今は研究室と家の往復がメインなので,油断すると世界が狭くなりがちになる
その人のことを聴くことでもっと周りのことも知るきっかけになるし,他の人と喋るのは息抜きにもなるし,なにより先輩方からのアドバイスはとてもありがたい
学部4年生というのは,自分が研究を取り組む時間を確保したら平日の夜とかにも人と会えることがわかったので,この1年間は今まで会えていなかった人にも会っていきたい
あと,ダラダラやるよりも時間を決めてシュッとやるクセをつけるためにも,予定を入れてオンオフしっかりできる人間になるのも合わせて目標にする

来年就職するわけだし,今まで苦手だなーと思っていた勉強とか,わからないところを勉強していく
具体的には確率統計がさっぱりわからないので勉強するとか,Webの基礎部分とか,たくさん勉強することはあるので興味があるものからやっていこうと思う
一応今年は研究を頑張るというのが一番の目標なので,そこを邪魔しない程度に基礎を厚くする


最後に

21歳,すごく充実して楽しかったです!
まだまだやることはたくさんあるけど,ひとまず人に報告できるような1年だったと思います
22歳はもっと輝けるように(?)もっと頑張れるように(!)毎日生きます!!!!


あと,先々週の就活終わりました報告のときに貼ったら,本や食料やカピバラさんなどいろんなものを頂きました!!!
ありがとうございます!!!!!!!

まだまだ勉強しろよという応援をお待ちしております゚゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1GV71LD7EMWGM/ref=cm_sw_r_tw_ws_bEOAxbJ2FNRB4www.amazon.co.jp